トンガタプ島全域に対するロックダウンの発表及び当館入居ビルへの入構規制について(11月1日)

2021/11/1
●11月1日夕刻,トゥイオネトア首相は記者会見を開き、先月27日のクライストチャーチからの帰還者から新型コロナウイルスの陽性者が1名確認されたことをうけ,11月2日(火)午前0時1分から11月8日(月)午後11時59分までの間,トンガタプ島全域にロックダウンを行う旨発表したところ、概要は以下1のとおりです。
スピーチはトンガ語で行われ,当館職員による訳となります。
 
●上記に伴い,当館入居ビルであるNational Reserved Bankへの入構方法も変更となり,写真付き身分証明書,ワクチン接種証明カードの提示,マスクの常時着用が義務づけられますので来館の際にはご注意下さい。詳細は以下2のとおりです。
 
 1 国家規制措置の概要
(1)本措置は11月2日(火)午前0時1分から11月8日(月)午後11時59分までの間,トンガタプ島全域に対して行われる。
 
(2)生活必需品の購入の為の外出や必要不可欠なサービスに従事する者を除き,全ての者は自宅隔離が求められる。スーパー,マーケット,銀行は営業可能。
 
(3)夜間外出禁止の時間帯は11月2日(火)から11月8日(月)の間,午後8時から翌日午前6時に変更。
 
(4)通知期間中,公共交通機関は停止。酒類提供許可(Liquar License)を有する全てのバー、ナイトクラブ、酒類小売店、酒類製造工場は閉鎖される。
 
(5)全ての公共施設、行事、学校、教会、スポーツクラブ,ジム,スポーツ行事,結婚式、及びその他人の集まるレクリエーションは禁止される。
 
(6)葬儀への参列は、屋内で実施される場合には上限10名、屋外で実施する場合には上限20名に制限される。
 
2 当館入居ビル(National Reserved Bank)への入構制限
(1) 写真付き身分証(運転免許証)及びワクチン接種証明カード(ワクチンを接種した際に保健省から配布されたカード)をセキュリティゲートの警備員に提示すること。
 
(2) 常時マスクを着用すること。
 
(3) 他者とは2メートルの距離を保つこと。